古民家再生(15)

先週はイベント準備のためおやすみしていましたが、
一週間の間、大工さんとやまあかりさんのがんばりで、
劇的に変わりました。

崩れそうだった柱と壁は、きれいに板を貼り、
階段もできました。
窓も変えて、大正時代のハイカラな建具をいれました。
やっぱり、大工さんの仕事はすごいです。

画像


玄関戸は、真ん中を透明ガラスに変えて、
隣のガラス戸も透明ガラスを入れて洒落た感じになりました。
ガラス替えの達人やまあかりさんの、仕事です。

画像


今日はうさぎの縫い子さんと、二人の作業
二階に床を貼りました。
二階の床は、直、一階の天井で、乗るとふわふわして、
板が折れそうです。
そこを、掃除しながら、合板を貼っていきます。
スリル満点
今日は3分の一ほどできました。

画像


お店の場所は、中山道の落合宿
馬籠宿のひとつ手前の宿場です。
すぐ近くには、落合宿本陣が、あります。

画像


この記事へのコメント

koto
2010年10月21日 21:56
1日でよく頑張りましたね。あの汚いに2階が見違えるようになりました
kyon
2010年10月22日 10:07
とにかく、怖いのでがんばって、貼りました。